タダポックス独自の副作用と使い方

EDと早漏の両方に効果のあるタダポックスですが、ベースはシアリスやタダシップなどのED治療薬と同じなのですが、勿論違う有効成分が入っているので違う部分もあります。
その違いを理解せずに、完全に同じものだと思って使用すると正しく効果を得ることができなかったりしますので、服用の際はタダポックス独自の性質という物を理解しましょう。

勝手に割ったりしない
たとえば、バイアグラなんかでは初めて使う人やあまり効果が強く出ないほうがいい人などだとピルカッターで半分にして服用したりしますよね。
これは、実はこの治療薬を使うのにはあまりお勧めしないやり方なのです。
実際、使用者の中でも副作用が強く出てしまったから半分にして服用したら今度は全然効き目がなくなったという報告も出ています。
この治療薬は、シアリスに比べるとダポキセチンという成分が入っているのでそちらの分副作用がやや出やすいのです。
それでも、副作用が出ることは珍しいのですが人によっては下痢などの症状が出る場合もあります。
その際は割って使うのではなく使用を止めることをお勧めします。

もしも副作用が強く出た場合は
体質的に受け入れられないという場合は、もう使用を諦めるしかないのですがそうでない場合は体調などによって副作用の有無が変わったりもします。
なので、体調がいい時などに日を改めて使用するなどしたほうがいいでしょうね。
ただし、自分の判断で勝手に使うのではなく副作用が出た場合は一度医師に診断してもらい、その上で使用しても大丈夫かどうかを判断してから使用し直すようにしましょう。
ED治療薬やダポキセチンは副作用が出にくい物とは言え、人によってはその度合いも個人差が出ることがありますので素人考えで勝手に使用するのは危険な場合があります。

この治療薬は、非常に副作用が少ない薬でおおむね使用者の声は満足している、という物が多いのですが少数であっても副作用がひどいという人の声もあります。
勿論、使用上の環境や個人輸入をすることで手に入れるジェネリック医薬品なので偽物をつかまされている可能性なども孕んでいると言えばそうなのですが、中には正規品でも体質と合わなかったという場合もありますので医師に相談することをお勧めします。